セルフリノベーションまとめブログ|ミニマリノベ別館

築50年の古い賃貸マンションを簡単なDIYだけで、格安セルフリノベーションするブログ。ビフォーアフター実例写真&予算・かかった費用・金額を紹介【ミニマリノベ別館】

賃貸マンションのシャワールームセルフリノベレポート【後編:掃除&スロップシンク設置】

賃貸マンションのシャワールームセルフリノベレポート【後編:掃除&スロップシンク設置】

 

この記事は「賃貸マンションのお風呂場セルフリノベレポート【前編:浴槽撤去】」のつづきです。

 

mr.teinai.work

 

くわしくは【前編へ】 >>

 

家主の許可を得て、自腹でボロボロのバスタブ(浴槽)を粗大ごみ回収に出し、お風呂場をシャワールームにセルフリノベーション。

浴槽の下に溜まりまくったヘドロを取り除き、カビ取りしてから、スロップシンク(汚れ物など用の流し台)として、タイヤ水槽を設置しました。

この記事では、作業内容の詳細をレポートします。

 

 

お風呂場セルフリノベレポート:2.床の掃除

浴槽を取り出した状態のユニットバスがこちら。

 

【リノベ】シャワールームにタイヤ用水槽を設置する【後編】

 

震えるほど汚いにゃ〜

 

浴槽床のヘドロをぬぐい磨く

「くせーくせー」と言いながら、だんない(旦那)が新聞紙でヘドロをぬぐってくれました。

 

【リノベ】シャワールームにタイヤ用水槽を設置する【後編】

 

新聞紙やボロ、ウエスなどを駆使してヘドロを拭き取った状態がこちら。

 

【リノベ】シャワールームにタイヤ用水槽を設置する【後編】

 

この後は、シャワーで水を流しながらデッキブラシでゴシゴシと磨きました。

 

【リノベ】シャワールームにタイヤ用水槽を設置する【後編】

 

遠目で見ると、そこそこ綺麗になった気がするね。

 

ハイターでカビ取り

実はアップで見るとこんな感じでまだまだ汚いんです。

レッツカビ取り!

 

【リノベ】シャワールームにタイヤ用水槽を設置する【後編】

 

みなさんはカビキラーでカビ取りしてますか?
私はケチなので、激安カビ取りを自作しています。

 

こちらは容器はダイソーで買った「カビ取りクリーナー」ですが、中身は違います。

 

【リノベ】シャワールームにタイヤ用水槽を設置する【後編】

 

中には液体の塩素系漂白剤「キッチンハイター」を入れて、水で5倍くらいに薄めたものをカビキラーの代用として使っています。

 

これ、めちゃくちゃ安上がりです。
100円で10回以上詰め替えできます。

 

このオリジナル「カビキラーの代用品(キッチンハイター水でうすめたの)」をふんだんにスプレー。

壁の流れ落ちてしまう部分は、トイレットペーパーで湿布して、1晩放置。

 

【リノベ】シャワールームにタイヤ用水槽を設置する【後編】

 

ここまできました。

ピカピカにはなりませんでしたが、衛生的な状態にはなったと思います。

 

【リノベ】シャワールームにタイヤ用水槽を設置する【後編】

 

 

お風呂場セルフリノベレポート:3.スロップシンク設置

バスタブを撤去したスペースにスロップシンクとして使用するためのタイヤ水槽を設置しました。

古くて暗くて狭くて寒々しい、貧乏くさいお風呂場が、いっきに格上げ!(してると私は思う)

なんとなく「世田谷ベース」っぽい雰囲気を醸し出してくれてる気がするぅ。

 

【リノベ】シャワールームにタイヤ用水槽を設置する【後編】

 

なかなかかっこいいでしょ?

 

タイヤ水槽というのは、ガソリンスタンドやオートバックスとかで見かけるタイヤのパンクを調べるための水槽です。

お風呂場に設置されていた洗面台も撤去することで、流し台がキッチンのみになってしまうのを避けるために、スロップシンクとして使用することに。

スニーカーを洗ったり、泥のついた野菜を洗ったり、洗濯物のつけおき洗いをしたりと、ちょっとした汚れ物や、デカブツを洗うことができます。

 

 以前「男の隠れ家」っていう雑誌で、部屋にディスプレイしてる写真を見て、以前住んでいたマンションの庭に設置するために探したところ、業務用で市販されていなかったため、ガソリンスタンドで働いている友達に取り寄せてもらったのです。

 

男の隠れ家 特別編集 小さな秘密基地の造り方。

男の隠れ家 特別編集 小さな秘密基地の造り方。

  • 作者:三栄
  • 発売日: 2019/09/03
  • メディア: Kindle版
 

 

急な転勤で庭に設置することもないまま、新品のまま連れてきていたのですが、バスタブ跡地にぴったり収まりました。

 

お風呂場セルフリノベまとめ:バスタブを断捨離してスロップシンクを設置してシャワールームにリフォーム

バスタブの撤去なんて素人には無理だと思っていましたが、やってみると簡単でした。

業者に数万円出して処分してもらわないと思っていたら、たった1200円で粗大ゴミに回収してもらえて、なんか拍子抜けするぐらい。

 

どうして2年半も我慢してこんな不衛生な水回りで悪臭を我慢しながら暮らしていたんだろう…。

 

浴槽は実際にお湯を貯めたこともほぼなく、シャワーを浴びる時に中に入って使うだけだったので、処分したことによってユニットバスは広々としたし、悩まされつづけた悪臭もすっきりさっぱり解消されました。

いかんせん古いマンションですし、賃貸なので制約もあり、全てに満足できる家にすることはできないと思いますが、なるべくお金をかけずに工夫して、少ない手間で、自分たちの暮らしやすい環境に整えていきたいと思います。

 

お風呂場のセルフリノベをもっと詳しく知りたい

お風呂場のセルフリノベの概要や、予算・費用などについてまとめました。

興味のある方はどうぞ。

 

mr.teinai.work

お風呂場(バスルーム)のセルフリノベーション概要 >>

 

概要 | 前編 | 後編