セルフリノベーションまとめブログ|ミニマリノベ別館

築50年の古い賃貸マンションを簡単なDIYだけで、格安セルフリノベーションするブログ。ビフォーアフター実例写真&予算・かかった費用・金額を紹介【ミニマリノベ別館】

セルフリノベのコンセプトは「ミニマリノベ」暮らしを小さくするために、最小限のお金と手間でDIY

セルフリノベーションのコンセプトは「ミニマリノベ」

 

ミニマリノベ」は「ミニマム(最小限)」と「リノベーション(リフォーム・DIY)」を組み合わせた造語です。

 

リノベーションというと、どちらかというと収納を増設したりキッチンを最新のものと取り替えたりと便利に暮らすために、家の機能を増やすリフォームをイメージするかもしれません。

ですが、我が家のリノベーションはいらない設備を取り除き、家具をなるべく少なく暮らすための、引き算のリフォーム

その名も「断捨離リノベーション」(造語)です。

 

「最小限」のお金を使って格安に、「最小限」の手を加えて簡単なDIYのみで、「最大限の生活空間」を手に入れるべく、夫婦でコツコツ楽しみながらリフォームを施工しています。

 

この記事では私たちのセルフリノベーションのコンセプト「ミニマリノベ」と、どんな家にしたくて自分たちでリフォームしているのかについて書いていきます。

 

セルフリノベのコンセプトは「ミニマリノベ」最小限のお金と手間でDIY

 

 

当サイト「セルフリノベーションまとめブログ」とは?

「セルフリノベーションまとめブログ」へようこそ!

このブログはアメブロで運営している日記、「ミニマリノベ」のセルフリノベーション部分をまとめた特化ブログです。

東京のど真ん中にある、築50年以上・約30平米狭くて古い賃貸マンションを夫婦でセルフリノベーションしていく過程や、リノベーションした概要、予算・費用などを記録しています。

 

私たち夫婦の日常については「ミニマリノベ」で、インテリアについてはSNS「RoomClip」で、セルフリノベーションの詳細については当ブログ「セルフリノベーションまとめブログ」にて発信していきます。

 

セルフリノベのコンセプト「ミニマリノベ」とは?

我が家のセルフリノベーションのコンセプトは「ミニマリノベ」。

冒頭でも少しふれましたが、「ミニマム(最小限)」+「リノベーション(手を加えてよくすること)」を合体させた造語で、私が作りました。

最小限の「お金」と「手間」で、「最大限の生活空間を手に入れる」というのが「ミニマリノベ」とこのリノベーションの基本的な考え方であり、目指すリフォームになります。

 

「最小限の予算で」格安リノベーションを目指す理由について

たくさんお金をかけてリノベーションすれば家はもっと素敵になる?

そうかもしれません。

だけど、私はケチだしたくさんお金をかけたくないからプロにリフォームしてもらわずにセルフリノベーションしてるワケです(一部はプロに依頼しています)。

 

ミニマリノベでは、お金をかけずに工夫して、最小限のDIYで、快適に暮らす方法を模索していきます。

 

「最低限の手間で」簡単リノベーションを目指す理由について

実は夫婦ともに日曜大工やDIYが元々好きだったというワケではありません。

住んでいる賃貸マンションでもっと快適に暮らすために、仕方なくセルフリノベーションをしているんです。

そのため、いかに手間をかけずにリノベーションするかにこだわっています。

 

棚板にサンダー(やすり)をかけるぐらいなら壁紙を貼るとか、手間とコストを天秤にかけて、より工数と時間を減らす方法をつきつめていきます。

 

 

「最大限の生活空間を手に入れる」とは?

私たちのセルフリノベーションは、29平米という小さな部屋の空間を最大限にいかすため、開放感を優先させた部屋作りをしていきます。

「お金と手間をかけて理想のインテリアを手に入れる」というリフォームというよりは、「お金と手間をかけずに部屋をシンプルに削ぎ落としていく」DIYという感じ。

なのでデコラティブなDIYはしません。

  • なるべく引き算
  • 足し算する場合は、シンプルなものを増やす

基本的に「撤去」がメインで、収納スペースを確保するために部屋を改装していく形になります。

ちなみに夫婦で飽き性なため、たまに工数の多いDIYをすると途中で放置して、作業が半年ぐらい滞ったりします。笑

 

「ミニマリノベ」する賃貸マンションはどんな物件?

私たちがセルフリノベーションするのは、築50年(以上)、約30平米(29平米)の古くて狭い賃貸マンションです。

 

東京の都心部にあるマンションなのに、ボロボロすぎて家賃は格安。

高層マンションに囲まれているのに、我が家だけがスラムで、お化け屋敷っぽい。笑

取り壊しの予定が10年以上前からあり、いつ建て替えが決議されるかわからないという、限界分譲賃貸マンションです。

 

とにかく狭いうえに、いきあたりばったりの修繕でなんだか暮らしにくい。

2年間我慢して住んでいたのですが、管理会社と話し合ってセルフリノベーションの許可をもらい、一部は家主負担で工務店が修繕、一部は私たちが家主の許可を得てDIYすることになりました。

 

まとめ:我が家の目指すセルフリノベーションとは?

私たち夫婦は「立派な設備」で「便利」に暮らしたいというよりも、いらないモノを削ぎ落として「最低限の設備」で「軽やかに」暮らしたいと考えています。

 

そのため、「ミニマリノベ」は

  • 自分たちの生活にとっていらないものは断捨離
  • 必要なものはなるべく最小サイズまで削ぎ落とす

ためのセルフリノベーションとなります。

 

リノベーションやリフォームは今より便利に暮らすために、いろいろ足し算するイメージがあるかと重ますが、「ミニマリノベ」は今より広々と暮らすために、引き算していくイメージ。

 

私たちはDIYでいらない設備や家具、家電を断捨離し、どうしても必要なものは小さなサイズのものに徐々に買い換えて、約30平米の狭い賃貸マンションで広々暮らせるスペースを確保していきます。